雨漏り保険とはどんなもの?

subpage01

まず最初にお断りしておきますが、雨漏り保険という名称の保険は存在しません。



雨漏りで被った被害の補償は、火災保険に含まれているのが一般的です。ただし雨漏りの種類により、補償内容が異なります。



火災保険では、洪水や高潮、土砂崩れなどの自然災害のことを水災と呼び、原則的ほとんどの損保会社でいわゆる雨漏り保険で補償されます。
しかし雪やひょうの場合は、損保会社により雨漏り保険が適用されるケースと適用されないケースがあるので、契約前に確認しておきましょう。
一方建物の老朽化による雨漏りや水濡れの場合、火災保険では原則的には補償されません。

この場合は偶発性はなく、ある程度発生が予見できる損害にあたりますので、火災保険では修理を行えないのです。


ただし全く火災保険の対象とはならないのかというと、例外もあります。それは、例えば台風による暴風の影響で隣の民家の瓦が自宅の屋根にぶち当たり屋根が破損して雨漏りが発生した場合や、単に強風で屋根が破損して雨漏りが発生した場合は風災と呼び、雨漏り保険の対象となるのです。
しかし雨漏りや水濡れで自宅にある電化製品や家具、衣服などが台なしとなっても原則的に補償されません。火災保険なので、あくまで火災によって損害を被った場合にのみ補償されるというわけです。



ですから火災保険と同時に家財保険も付けて契約しておく方が安全です。
損保会社では、一般的に4人家族で1000万円程度の補償を付けることを推奨しています。