雨漏り修理費用の相場と実際の費用

subpage01

雨漏り修理費用は個々の雨漏りの状態や、家の状況によっては大きく変化します。



その為費用は決まっているわけではありません。


ですが大体の相場としては2万円から30万円までです。
あくまでも相場なのでこの様にバラつきがあります。

しかしそれは雨漏りの状態や屋根の状態によって雨漏り修理費用が変わるからです。
例えば雨漏りの状態が最も修理しやすい状態だったとしたら、最も安ければ2万円からで高くても20万円以内で修理が出来ます。
そして大体中盤位の状態の雨漏りなら安ければ30万円からで、高くても80万円程で収まるでしょう。

また使用年数が長いことで発生する雨漏りの修理は非常に困難な為、安くても100万円で高ければ300万円にもなるようです。
これらの雨漏り修理費用にはもちろん修理に必要な屋根の材料や人件費なども全て入っています。しかしこれらはあくまでも目安ですし、個々の屋根の状況によって大きく変わってきます。そして実際にかかる費用ですが例えば瓦の屋根だとすると、瓦一枚の交換におよそ1万円掛かります。

T-SITE関連情報サイトです。

洋風の住宅の場合でもスレートと言う屋根の板を交換するのには瓦の時と同じでおよそ1万円掛かってしまいます。

その他にも雨漏りの原因として屋根板が浮いてしまっている場合は30万円程掛かります。
最近の住宅ではこのくらい必要になるので実際にかかるのはこれくらいだと考えた方が良いでしょう。しかし長い間修理をしないで居たり、放っておいて雨漏りになった訳でないなら保険などが適用される可能性もあり、保険が適用されれば安く修理を行えるでしょう。